ケイエス建装は建物をより美しく
そして長く快適にお使いいただくために多方面からサポートいたします。

写真:店舗外観

大規模修繕工事・改修工事

大規模修繕工事・改修工事

マンション・ビルなどの建物は時間の経過とともに劣化していきます。
計画的に修繕する大規模修繕・改修工事は、適時に調査・診断を行い、建物状況を把握し対処することが大切。
資産価値低下を最小限に抑え計画的に修繕・改修することにより付加価値を高める事も可能となります。
弊社は創業以来修繕・改修工事をメインとし従事してまいりました。
お客様に対しご相談や、生活導線を考慮した安全計画、また品質向上、皆様の負担軽減を叶えるご提案などを基に スムーズに工事を行う事を心がけております。
時代とともに状況を把握し建物の状況に合わせ、建物調査を行い修繕・改修計画を提案して施工を行っております。
また、施工後に欠かせないアフターサービスにも力を入れております。 弊社の施工実績と時代の状況変化に柔軟に対応し皆様の大切な資産と快適な暮らしをサポート致します。

マンション修繕箇所と適切な施工時期

建物は竣工時より劣化の進行が始まります。
竣工後、または前回の修繕工事より12年から15年くらいで修繕工事を実施するのが一般的ですが、立地環境や施工品質、建物の形状や状態によっても大きく影響されますので、 修繕積立金や現状の建物の傷み具合・見た目など様々な要因を考慮し検討が必要となります。

アフターサービスについて

工事の責任は引渡し時点で終了するわけではありません。その後、のアフターケアこそ大切であると考えています。
保証期間を設け施工箇所においてはアフター点検時に不具合が確認された場合は速やかに適切な補修を致します。
弊社に大規模修繕工事を頼んでよかったと思われるよう万全なサポートをお約束致します。

改修工事Q&A

大規模修繕・改修工事に関するお問い合わせやご質問に関してお客様のご質問等を掲載しております。

大規模修繕・改修工事Q&A

仮設工事(直接・共通)

建築現場における「仮設工事」は文字のイメージ通り、工事期間中一時的に設置して利用する施設や設備を指します。 工事期間中に様々な作業が安全にスムーズに進められるように設置される施設や設備なので工事が完成したら撤去されます。
「直接仮設工事」はさまざまな種類があり、用途に応じて使い分けます。一般的には枠組足場・クサビ式足場が主流ですが、 高層や形状などよっては移動昇降式足場・ゴンドラ足場を使用する場合も多くなってきております。
「共通仮設工事」は現場事務所・休憩所・工事用水・工事用電気・仮設トイレ・資材倉庫・安全、防犯対策費・各所養生など、 足場のように直接工事に関係する設備という訳ではなく、どちらかといえば間接的に工事に必要になるのが共通仮設となります。

下地補修工事

調査工事を行い劣化損傷状況を確認しその後、適切な工法を選定し補修致します。
躯体の悪い部分(クラックの補修・欠損部・爆裂部等)の直しを行い建物を延命させる工事となります。

シーリング工事

シーリング材は建物の水密性・気密性を目的とする機能性を高める工事となります。
更に建物の美観に関わる工事です。建物の部材と部材の接合部の目地や建物の窓硝子やサッシの周囲にシーリング材を充填し、目地部から水の侵入・空気の通過を防止するために行います。

タイル工事

タイル張りは高級感があるのと同時に耐久性が優れているので、メンテナンス費用が抑えられるメリットがあることから多くのマンションで採用されています。
外壁タイルは常に太陽の紫外線や雨風の影響を受けるため、劣化が進行しタイルと下地コンクリートやモルタルの接着力が弱まって隙間が生じることで「浮き」と呼ばれる状態になります。
浮きが発生した状態を放置していると「剥がれ、落下」に繋がって行きます。また、タイル自体に「ひび割れ、欠損」が生じることもあります。
タイル剥落により多きな災害が起こる可能性がありますので、必要不可欠な工事となります。

塗装工事

塗装工事とは躯体を保護し、美観の回復・向上を図ります。建物の印象に 大きく関わる工事となります。
下地処理を完了したのち塗膜厚さを確保し ムラなく均一に塗装を施すよう管理します。仕上がりのイメージを確認する 為、試験施工やサンプルの提出をしお客様の確認ののち仕上げを致します。

防水工事(バルコニー)

バルコニーの防水はお客様が一番身近に接する防水となります。ウレタン塗膜防水の仕上げが多く,グレー色やグリーン色などが一般的となっております。
ウレタン塗膜防水はゴムの弾力性があり、多少ですが歩くと柔らかな歩行感、継ぎ目のないシームレスで平滑な仕上がりが可能です。
ウレタン塗膜防水の施工は、工程上約1週間程度必要となり、溶剤の臭気がきつく感じられる方もおります。また、この期間、 場合によりますがエアコンのて使用を制限させいただくこともあります。

防水工事(屋上)

屋上の防水は紫外線、雨、雪などの影響を建物の中で一番受ける部位で耐久性が求められます。
漏水事故が発生すると最上階に居住させるお客様の部屋内や共用部などへ雨水が浸入し生活に大きな支障を及ぼす場合があり非常に重要な役割を果たす仕上げ材です。
一般的にはアスファルト防水の仕上げとなっておりますが、形状や機能性によってはウレタン防水やシート防水なども使用されております。

美装工事

長年の風雨により付着した汚れや下地補修の際に発生した埃を除去し建物の美観を損なわないよう清掃する工事となります。
経年の汚れの他にも改修工事では、埃や汚れが必ず発生致します。美装工事を行うことでより、サッシやアルミ手摺り等の金物の汚れを落とし、本来の建物の美観を取り戻す施工となります。
※建物のメンテナン清掃となりますので、汚れや付着物ではない交換が必要な錆やキズは対照外となりますので、ご注意ください。

このページの上に戻る