マンション改修
 
防水・防食
 
会社概要
 
メール・お問合わせ


 
 
 




■リサイクル緑化工
現場発生材を無駄なく利用するリサイクル緑化工法
土と根のリサイクル工法(ミドリナール団粒緑化工法)
NETIS 登録番号:KT-980420
土と根のリサイクル工法は、現場で発生する抜根、伐採木、すき取り物、土砂などを現場でリサイクルし、生育基盤材として利用する自然に優しい緑化工法です。

[特徴]
●現地発生土、すき取り物等を現場でふるい分け、生育基盤材として利用します。

●安定した団粒吹付基盤は生長の遅い木本型緑化に適しさらに、無種子施工や埋土種子の活用にも最適です。

●植物に有効な土壌菌を配合しているので永続性に優れています。

●吹付施工はロープによる法面上の作業ではなく、法尻、ステップの平坦部からの施工であり他工法に比べ作業環境の向上、施工性、安全性にも優れています。


■平坦地からの吹付作業


■健全な緑の復元

生態系に配慮した最先端リサイクル緑化工法
自己復元緑化工法
NETIS 登録番号:HK-040013
自己復元緑化工法は外部から種子や土壌菌を持ち込むことなく、その場所にある表土中の埋土種子や土壌菌を培養活用するため、生態系保全緑化に最適です。

[特徴]
●種子を他から持ち込まない
施工地の表土に埋土している種子等を有効活用するので、施工地又は施工地周辺以外で採取した種子は一切使用しません。

●菌などの微生物を他から持ち込まない
施工地の表土に生息する固有の土壌菌などの微生物を特殊な方法で培養させ、自己緑化復元の基盤材として利用します。

●客土を他から持ち込まない
他の地区から持ち込まれる客土には種子や微生物が含まれています。自己復元緑化工法は、現場で発生した土を使用します。

●浸食されない生育基盤の造成
表土等を団粒化させ吹付ることにより、雨水や融雪水等に浸食されない団粒構造の生育基盤を造成します。

●早期自己復元
団粒構造の生育基盤は施工地周辺からの郷土種の飛来種子を受け留め易く、生態復元を容易にさせます。


■施工直後状況


■施工後3カ月

堆肥ポットを使用した自然にやさしいリサイクル緑化工法
OPS法面緑化工法
2003年 Made in Sapporoグランプリ(札幌市)準グランプリ受賞製品
OPS法面緑化工法は現場及び現場周辺に生育する樹木の枝、種子、稚樹等を積極的に活用して緑を育む自然型郷土種再生緑化工法です。

OPS=Organic Pot Spacer
【有機質堆肥でできた植栽ポット(スペーサー機能付)のこと】

★OPSは特許申請中です

[特徴]
●OPSを使用することで生育基盤造成工事と植栽、挿し木、種子埋設工事が同時に行えます。

●OPSはスペーサーの役目を終えた後、OPSの素材である有機質堆肥が。養分を植物に徐々に供給する役目を発揮します。

●工事現場で発生した樹木枝の利用、OPS素材自体が有機性廃棄物を堆肥化した再生品であることなど、リサイクル工法としても優れています。

●OPSはスペーサーの機能も持っていることから、他の工法で使用することもできます。


■設置状況(左)と生育状況(右)

石炭灰を利用したリサイクル緑化工法
CAのり面緑化工法
NETIS 登録番号:KT-020063
この工法は環境・景観の修復と復元が重要なファクターとなっている昨今、時代の要請に応える高品質な緑化を実現します。本工法に用いる緑化基盤材、CAソイルは石灰炭(CA:クリンカーアッシュ)などの産業副産物を特殊加工して作られた人工土壌で、従来の方式で吹付施工ができます。

[特徴]
●優れた緑化基盤
CAソイルは、多孔質のクリンカーアッシュの効果により水分を多く保持することが出来るので、特に北海道のように降雨の少ない所での緑化に適しています。

●優れた施工性
石炭灰の砂状粒子と植物繊維堆肥がバランスが良く配合されており、施工性は良好です。さらに、特殊な機械を必要としないことから吹付施工は容易です。

●健全な植生生育
CAソイルに含まれるクリンカーアッシュにはミネラル分が多く含まれることから健全な植物の生育が期待できます。

●耐浸食性に成果
CAソイルで施工された緑化基盤は適度な透水性を有し、雨水をスムーズに浸透させ浸食に対して高い抵抗性があります。

●防虫効果
CAソイルには珪酸、石灰を含みヨトウムシ類やコガネムシ類などに防虫効果が期待できます。

●低コスト
産業副産物を有効利用した資源循環型のCAソイルは、施工性の向上とコストダウンを実現しています。


■施工前状況


■施工後約60日


 
■建設工事途中に保証施工エマルジョンを塗布


『グラフトン保証施工』は、新築時または大規模な増改築時の建設途中に実施いたします。戸建住宅の場合は2工程による施工、マンションや商業施設等の場合は1工程となります。施工は、グラフトン社作成の施工指示書のもと、施工管理者の指示により、液剤を塗布します。

■空気測定を実施してホルムアルデヒド気中濃度0.08ppm以下を確認


居室内(リビング・寝室等)にて、ホルムアルデヒドの放散量の検査をします。
グラフトン保証施工後、厚生労働省指針値であるホルムアルデヒド濃度0.08ppm以下であることを確認をします。

★グラフトン保証施工後の新築戸建 時系列測定結果
   施工時(平成15年3月):建設住宅性能評価書
   半年後(平成15年10月):測定結果報告書
   一年後(平成16年5月):測定結果報告書
   一年半後(平成16年10月):測定結果報告書
   二年後(平成17年6月):測定結果報告書
   二年半後(平成17年10月):測定結果報告書
   三年後(平成18年7月):測定結果報告書
   四年後(平成19年7月):測定結果報告書
 
■施工各戸につき最大1億円まで保証

■ 【保証対象】 グラフトン保証施工を施し保証書を発行する建造物
【保証項目】 @ グラフトン保証施工後の室内ホルムアルデヒド濃度0.08ppm以下を保証
A 保証書発行後ホルムアルデヒド濃度が0.08ppmを越えることが発見され身体障害の原因がホルムアルデヒドであることが立証された場合
[対人1名につき最大5,000万円 1事故・期間中最大1億円まで(治療費・
 慰謝料・休業損害]
B 上記発生時の、原因調査費用・再施工費用・仮住まい費用
【保証項目】 5年
■ グラフトン保証施工後、第三者(専門機関、NPOなど)による室内空気採取、分析、数値報告、保証書を発行いたします。
※測定は公定法になります。
■ 万が一、グラフトン保証施工後、室内のホルムアルデヒドが0.08ppmを超えた場合(免責事項に該当しない場合)で、施主様や入居者にシックハウス症候群が発生した場合は、最大1億円の保証をいたします。
■ 施工ミスが発生した場合も、再施工費を保証いたします(最大100万円)。



シックハウス低減対策は、完成後の住宅・オフィス・その他建物を対象にシックハウスの主な原因となる「ホルムアルデヒド」の低減をします。室内の壁面・天井へ専用の製品を噴霧または塗布する事で「ホルムアルデヒド」の放散を抑制します。

★港区による「港区有施設空家修繕工事に伴うシックハウス対策ガイドライン」に則した『空気環境測定委託』の指針として
  グラフトンVOC減少工事において指定採用



003-0836 北海道札幌市白石区北郷6条4丁目7-4 tel(011)807-8816 fax(011)807-8817